So-net無料ブログ作成
検索選択

フライバード復活記 その8

スタンディングした車体
308.JPG

ピラミッド型オレオフォークの動きも完璧だ
310.JPG

組み上がったシリンダーヘッド
311.JPG

難所の一つカムタイミング
313.JPG

製品には必ずあるタイミングマークが無い為プロフィールを測定した後正確なタイミングを決定した
314.JPG

先日シリンダーのフィン欠けについて補修したと書いたが実は組み付ける時プッシュロッドカバーが干渉することがわかった

どうやら本当に試作部品らしく一番トップのフィンは原型の時点でNGだったようで無理やりもぎとったようだ

少し削りなおし事なきを得たがこの車輌自体が試作車かどうかはさておき試作部品が多用されている個体である事は間違いない
318.JPG

組み上がったエンジン

オイルを入れクランキングし続けるもオイルは汲まず

オイルラインの流れの逆から大量に汲み水のように注入した結果汲み始めた
369.JPG

エキパイ サイレンサー共に欠品だった為手曲げ手仕事で復元した

少ない資料の中にはフィッシュテールのサイレンサーを有する車輌も確認できた
363.JPG

95%(?)完成
366.JPG

いよいよ表に連れ出し新鮮な空気を吸わせてやる
382.JPG

魂が再び震えだした不死鳥
383.JPG

オーラを放ち始めた
384.JPG

スタジオ撮影
385.JPG

土井会長と矢野社長も一緒に

生みの親の親族と本プロジェクトリーダーと共に居る不死鳥の心中は如何なるものなのだろうか・・・
386.JPG

後日更にお化粧が進む
387.JPG

リムにピンストライプをあしらい
388.JPG

矢野社長からの熱烈リクエストのサドルバッグ
389.JPG

ゴージャスさが更に際立つ
390.JPG

3Dプリンターによって出力したステップ

ゴムに見えるのは実は塗装である
391.JPG

完全復活をとげた不死鳥

1952年式フライバードAB型
392.JPG


明日はいよいよ完成式典である

復活のノロシをあげよう
nice!(2)  コメント(0)