So-net無料ブログ作成

フライバード復活記 その4

1952年式AB型

前年のオープンロッカー式のTNから比べかなりの進化を遂げている

密閉式のロッカーを採用しサクション式オイルポンプと言う独自の圧送方式に特許を出願した
125.JPG

美しいデザインのタイミングカバー
126.JPG

前年度同様の排気量142cc
127.JPG

特許出願の打刻

いろいろ調べるうちにこの次の年の1953年式AC型も同様に特許出願が何件か申請されている
翌年は真鍮製のプレートをリベット留めしそれに記載される
128.JPG

クランクケース下部がオイルタンクである
129.JPG

アルミ製クローズドロッカー
130.JPG

クランクケース内のピストン下降圧力により押し出されたオイルが外部オイルラインを経由してくる
133.JPG

フィン欠けあり  と思って後に修繕したが裏にはまる事となる

その記事は後程
135.JPG

一番上に写っている物はギア式のオイルポンプ
腰下の潤滑は全てこれが行う

サクション式というのは腰上に関してのみ作用している

タイミングマークが一切無い
136.JPG

鋳鉄製 エキゾーストツーポートのヘッド
138.JPG

なんとヘッドに鋳造時のムラなのか虫食い穴がありポートに貫通している箇所がある
139.JPG
深刻な状況に頭を抱えた

本当に市販車なのかと思える出来で試作車の可能性が高くなる
140.JPG

ケースのマッチングナンバーは15

普通で考えれば15個目
159.JPG

クランクの肉抜きやコンロッドの肉抜きに注目して頂きたい
160.JPG

ローラーベアリングを交換
168.JPG

芯出し振れ取り工程
165.JPG

つづく
nice!(1)  コメント(0)