So-net無料ブログ作成
検索選択

クラッチ ミッション

フライバード号 AB型のトランスミッションです
1.JPG

クラッチはこんな感じになっており
2.JPG

フリクションディスクがそのままプライマリースプロケットになっています
3.JPG

台形にカットされたコルクが圧入されているだけのフリクションです

表面が剥離してしまい使えませんが中の方はしっかりしてます
4.JPG

スプロケットはときんときん
5.JPG

キッカーカバー
6.JPG


7.JPG

コレも面白い構造です
8.JPG

ラチェットギアユニットになっていますね
9.JPG

スプロケットはトップギアにねじ込み式になっており更に逆ネジのロックナットが付いていました

外すの大変でしたがSSTを製作してクリア

単品製作します
10.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

M.O.N.K.E.Y

高校生の頃初めて買ったバイクが青いZ50Jだった
1.JPG

自分ヒストリーが最近私の遊びの一つ

ファニー石黒さんに用立ててもらった
2.JPG

そしたら高校時代のツレも欲しいなんて言うもんだから・・
3.JPG

赤をみつけてやった
4.JPG

OFF LINE終わったらコレ積んで四国まで行ってガチホモツーリングだぜ

あーきもちわりー
5.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

メーカー里帰りプロジェクト

1952年式 土井産業 フライバード AB型の再生を行っております

依頼主は製造元であった土井産業さん

メーカー里帰りレストアと言う名誉な仕事を与えて頂きました

プロジェクトは車輌の捜索から始まりました

詳しいレポートは今後一つにまとめた物にしていく予定です

現在は欠損している部品などの複製作業を行ったり塗装などをしております

試作車輌と思しき個体で謎だらけですが数少ない文献などを紐解き解釈を加え作業を進めて来ました

アンダーブラケット製作記です



鉄鋳物で出来たアンダーブラケット

このAB型はフロンと周りの構造が非常に個性的なつくりをしている
1.JPG

酷使されたのかクラックだらけである
2.JPG

油と錆びにまみれた鋳物は修繕が大変困難
3.JPG

裏には鉄板でガセットが追加されている
4.JPG

インナーチューブはロウ付けされており分解できない
5.JPG

ぐにゃぐにゃに変形しており左右のフォークとステムシャフトの関係もめちゃくちゃ
6.JPG

何故このような修理がなされたのかある仮説がたっているが今はまだ書けない
7.JPG

溶接を試みたがあえなく失敗
8.JPG

それどころかガセットをはがしたらバラバラになってしまいそうだ
9.JPG

今回は鉄板を組み合わせて忠実なレプリカを製作することになった
10.JPG

この部分に関してはオリジナル部品の組立構造上どうにも腑に落ちない点があった

とても付け焼刃な物で試作品であろう可能性が高まる
11.JPG

どちらにしろそのままレプリカを製作する事はできても組立に支障があるので若干ニュアンスを変更する
12.JPG

裏側に補強リブがあるのでそれも再現

全て溶接とリューターでの削りで
13.JPG

ここにはV字の段が付く
14.JPG

こんな感じだろう
15.JPG

オリジナルの裏側
16.JPG

コチラがレプリカ

若干形状が違うのが分かると思います

17.JPG

ならべてみるとこんな感じに
18.JPG

後は細かい仕上げに入ります

車輌の再生記事は随時更新していきますのでお楽しみに
nice!(1)  コメント(0) 

コレクターとは

人にはさっぱり理解されず家族からも煙たがられそれでも自分のなかに芽生えた義務感のような感情を
コントロールできずに物を収集してしまう人種
1.JPG

それがコレクター
2.JPG

これとこれはここが違うとか
3.JPG

同じワードで共感しあえたりライバルが登場したら更に手に負えん
4.JPG

この人が最後の時を迎える瞬間これらのガラクタ(失礼)はどうなっていくのか・・
5.JPG

道は歩き続け振り返った時にそこにあるもの
6.JPG

収集とはそれに等しいのか・・
7.JPG

世間様にどれだけ後ろ指さされても我が道をゆけば良いのだ
8.JPG

コレクターとは何かって?
9.JPG

あんたも野暮な事聞くね
10.JPG

病気の人のことですよ
nice!(1)  コメント(0) 

よく見る

とにかくよく見ないかん
1.JPG

形状をキッチリ把握して
2.JPG

ここは一段ついてるし下の段は平面ではない
3.JPG

裏は複雑に張りが入ってる

補修の跡でぼやけた形状も考慮しつつ
4.JPG

完全再現の事のみ考える
5.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

銛とグラマン

先日の関東出張の時千葉県某所にて捕鯨用の銛をもらった

何となく写ってるジャイロから大きさが分かるでしょ
1.JPG

先端には爆薬を仕込んだ鏃が付くんだそうだ
2.JPG

くじらもたまったもんじゃねーがめちゃくちゃカッコイイのでいつか玄関先に起てて魔よけにしよ

未来少年コナンみたいなテイスト
3.JPG

そしてグラマンちゃんは旅立っていく
4.JPG

いま万感の想いをこめ
5.JPG

つまるところ道具ってヤツは使う人が持って何ぼ

わたしみたいに使わないヤツが船持っててもそれは船長とは言わないのさ
6.JPG

さよならグラマン

再び海賊旗をひるがえせる日は近いぜ

宇宙の海はお前の海だ

あ 川で使うって言ってたっけな
nice!(1)  コメント(0) 

再現する

世の中にたった一つしかない物が残念ながら致命的なダメージを負っている

修復は無理

型を起こして抜くような数を必要としていない

うーん選択肢としては手仕事で完全再現するしかないな

物は1952年製造のトリプルツリーです
1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG

オリジナルのパーツと比較した記事は後日


nice!(1)  コメント(0) 

ナイクル一月

気温は2度とかなってたけどそこまで寒くなかったね
いきゃーいったでいつもどおり楽しいし

1.JPG


2.JPG


3.JPG


4.JPG


5.JPG


6.JPG


7.JPG


8.JPG


9.JPG


10.JPG


11.JPG


12.JPG


13.JPG


14.JPG


15.JPG


また来月ね

滑走路の横であおうぜ
nice!(1)  コメント(0) 

満員御礼

!cid_E66E89C2-98B9-473C-B3D0-CB016AA0FB1E@lan.jpg


OFF LINE全ブースで揃いましたのでエントリー締め切ります
エントリー開始から20日程で満席となってしまいました

皆様のおかげでございます

感謝感謝

申し込みされた方は受理書が届きますのでお待ち下さい

ありがとうございました



そして今夜は今年一発目のナイトクルーズ

さみーだろーなー・・

今夜は滑走路の横で会いましょう

エアポートウォーク駐車場  A2付近

21時ごろ集合

何があっても自己責任です

んじゃ夜ね

nice!(1)  コメント(0) 

足回り

クラックの入ったアンダーブラケット
1.JPG

ガセットを追加して修理してあるが精度は最悪
2.JPG

突貫作業であったのか
3.JPG


4.JPG

左右を一つにしたようなデザインのアルミのケース
5.JPG

このように取り付く
6.JPG

インナーチューブ上部よりアルミケースに通じる穴有り
7.JPG

グリスが行き来する穴のようだ
8.JPG

ボトム内部はこんな感じの構成
9.JPG

nice!(1)  コメント(0)