So-net無料ブログ作成

フライバード復活記 その7

外装部品も勿論しあげる
249.JPG

今回最大(?)の難関となった基本色の決定

何故なら1952年当時はカラー写真が無く何色であったか不明なのだ

少しだけ残った塗膜は紺色 鶯色 小豆色の三色

前年度のTNは紺  翌年のACは小豆と言うことは調べで分かった

しかしこのAB型はその両方に挟まれたモデルで塗膜はどちらの色も何故か確認できた

困ったあげく矢野社長の好みの色の紺でいくことに決定した

レタリングはLOWHIDE氏の手描きによる

276.JPG


281.JPG

砕け散ったマフラーフランジのフィン
259.JPG

原型から製作し復元した
273.JPG

スプロケットも製作

425と特殊なサイズ
255.JPG

3Dプリンターでグリップを製作
346.JPG

リクロームが完了した部品群
267.JPG

メッキ部品は最終的には130点を超えた
268.JPG

ドラムシューも張替えが完了
234.JPG

キャブは392AMAL
328.JPG

392=ミクニ

意外と程度は良かったがフロートなどは私が個人的に所蔵していた物を使った
329.JPG


いよいよ明後日14日は完成のお披露目となる

復活記も明日で全て書ききるであろう

不死鳥との日々の幕が近づいてきた

つづく
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント