So-net無料ブログ作成

フライバード復活記 その3

発掘当時のホイール

リムは手持ちの資料を見ると引っ掛け式と現在の物と二種類あったようだ

時代の狭間だったようだ
97.JPG

国産初と言われているテーパーローラーベアリング採用のハブ
98.JPG


99.JPG

リアドラム関係の部品群
100.JPG

ドラムとハブの溶接はクラックあり
102.JPG

スポークのフランジは別部品である
103.JPG


104.JPG


105.JPG

誇らしげにエンブレムがあしらわれたホーン
106.JPG

AB型の最大の特徴ピラミッド型オレオ式フォーク

この部分がグリスタンクを兼ねている

フォークの振動を一点集中させハンドルに不快な振動を伝えない目論見であった
107.JPG

アンダーブラケットには重大なクラックの補修があった
108.JPG

つづく
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント